オフィスにいる人数が増えてくると,場所によって「ここは暑い!」「こっちは寒い!」が出てくるわけです。
もしあなたがリモコンを持っていたら,「暑い!」と「寒い!」をどう考えてどうしますか?というのは簡単なようで実は組織マネジメントの基礎的な練習にも使えそうなテーマです。
まず全員にとって心地よい室温にするというのは不可能であることに気づきます。
さらに暑い中動き回って帰ってきた瞬間や,風邪気味で体調が悪い時など,同じ人物でも希望する室温が変化しますから複雑です。これに外の天気・湿度も影響してきます。

こういうときはそれぞれが希望する室温との差の合計を一番小さくする方法を考えます。そして同時に最も暑がりな人と,最も寒がりな人のことも考慮するようにしています。

・・・と前置きはともかく,とにかくサーキュレーター買いました。
簡単に言うと室内の空気に流れを作ってかき混ぜるためのマシンです。
数年前にテレビなんかが取り上げて流行って以降,様々な機種が出ていますが今回チョイスしたのは
DSC_7035
ボルネード社製のこれ。
とても歴史のあるアメリカの会社で,こだわってる感が好きです。
DSC_7040
これでオフィス内の空気をかきまぜて,冷房効率を上げるだけでなく,空気が動く快適さを提供できそうです。